日本の少子高齢化の加速と今後求められる医療

現在の日本は、有史以来初めて人類が遭遇する問題に直面しています。
そう。日本国民の4人に1人が高齢者という、世界的に類を見ない超高齢社会の到来です。
2025年には全ての「団塊世代」が75歳以上の後期高齢者となり、実に国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上という人口構成状況を迎えることとなります。

そうした超高齢社会における医療への需要は、今までとは全く違うものになることは間違いないでしょう。
そうした新時代に向けて、医療のあり方も変化していく必要があるのです。
この記事では、少子高齢化が進んだ社会において、どのような医療が必要とされるのかについて考えて見たいと思います。

少子高齢化に伴い高齢者を支える医療が求められる傾向

まず結論から申し上げると、少子高齢化が進むことにより、「治す医療」から「治し支える医療」にシフトすることは間違いありません。
これまでは病院単独で治療を行い、病院で看取ることが主流でした。
しかし指数関数的に増加する高齢者の全てを病院に収容し、看取ることなど不可能です。

厚生労働省が主導する、「地域完結型医療への移行」に関する提言を見れば、行政も現在の状況に危機感を抱いていることが読み取れます。
そして地域完結型医療の中核になるのは、在宅医療と予防医療に他なりません。

治療のみに重点が置かれない

平均寿命が延伸する社会では、老齢人口と生産年齢人口が逆転します。
その影響は非常に大きく、これまで通りの治す医療を続けていくためには財源が足りないのです。
これは国民皆保険制度の崩壊の始まりを意味します。

そうした厳しい状況の中で、医療を求める患者に適切なサービスを提供するためには、これまでとは全く違うライフスタイルを提案する必要がありました。
そこで登場したのが、在宅医療という新しいスタイルの医療です。平均寿命の延伸と比較し、健康寿命は大した伸びを見せておらず、満足に動くこともままならない方や、認知症の方は増加の一途を辿っています。

そうした方々の多くは、治療を行なっても改善する見込みが低く、今まで通りの治す医療を提供しても、患者のニーズとマッチしているとは言えないでしょう。
そうした患者への1つの回答が、住み慣れた自宅で穏やかに息を引き取ることができる在宅医療という選択肢ではないでしょうか。

予防医療の需要が増える可能性が高い

先ほども述べたました通り、平均寿命が延伸しても、健康寿命はさほど伸びていないのが日本の実情です。つまり寝たきりの高齢者が増加しているということに他なりません。
その結果、医療資源の枯渇と同様、介護人員も大きく不足しています。

そうした状況を打破し、健康寿命の延伸を図るために、予防医療が注目されているのです。
これまでの医療では処置すらされなかった未病の段階から適切な助言を与え、病気になること自体を予防する医療は少子高齢化社会に対する1つの解答となるでしょう。
しかし現時点では、日本の医療保険制度がカバーしていない分野であるため、予防や維持期に対する制度の対応は必要です。

今後医師はどうなる?テクノロジーと共に見る医師の未来

急速なテクノロジーの発達は、様々な職種の働き方を改革してきました。
その波は医療業界にも波及し、様々な機器の導入が進んでいます。
センサーの精度向上によるウェアラブルデバイスの発達や、取集したデータを使用し、ディープラーニングを経たAIによる診断補助。
クラウド技術や高速無線通信技術の進歩を生かした遠隔治療など、一昔前までSFの世界と断じられていたテクノロジーが、次々と実現しているのです。

医師が必要であることに変わりはない

医師の皆様の中には、こうした実情を知り、医師が不要になる未来は近い、とお嘆きの方も多いとお伺いしました。
しかしどれほどテクノロジーが発達したとしても、医師が不要になる時代が到来することはありません。
確かにこれまで医師が担当していた業務の一部は、ウェアラブルデバイスとAIが賄ってくれるようになるでしょう。

おそらく、画像やセンサーで取得した患者のバイタルデータを基にした診断や、予後予測、治療計画の立案といった業務は、AIが担当することになります。
実際にIBMが開発した「ワトソン」というAIに、血液腫瘍に関する2,000万件以上の研究論文と1,500万件の治療薬の特許情報を学習させたところ、わずか10分で遺伝子変異のある白血病の治療薬を確定したそうです。

同様の作業を医師が人力で行なった場合、通常2週間はかかる作業だと言います。これは東京大学医学研究所から発表された報告です。
これほどの性能を誇るAIであっても、その判断の基準となる学習データがなければ、何の診断も下すことはできません。
そしてそれらのデータは、医師の経験や知識から生まれるものであることは明白です。

AIなどのテクノロジー技術はあくまで補佐

このようにどれほどテクノロジーが発達しても、AI単体で治療を行うことは不可能と言って良いでしょう。
急速に発達する医療テクノロジーは、あくまで医師の判断を手助けするための補佐役にすぎません。
どれほどAIが正確な診断を下したとしても、AIの言う通りに治療を受ける患者はほとんどいないでしょう。

未来の医師は総合能力とコミュニケーションスキルが重要視される

AIの導入により、医師が不要になることはありませんが、医師の働き方は大きく変わることが予測されます。
まずこれまで膨大な時間を費やしてきた、単純な診断にかかる時間が大幅に短縮されます。
また医師個人が保有してきた大量の医療に関する知識やデータ、それらを基に行なってきた統計処理等も不要になるでしょう。それらはAIの仕事です。

未来における医師の仕事の中心は、診断や治療計画立案の先にある、患者とのコミュニケーションが主になります。
AIが弾き出す回答は、常に効率的ですが、患者の価値観やバックボーン、生活事情といった要素は考慮されません。
そうした人間的な判をが必要とする部分こそが、医師の仕事となるでしょう。
ある意味では、高度化しすぎた現代医療において置き去りにされている、患者に寄り添うという、医師の本来の仕事に立ち戻っていると言えるのかもしれません。