医療のモバイル化―医療現場におけるモビリティとは何か

iPadやandroidタブレットの普及により、持ち運び可能で高品質なデジタル端末を容易に調達できるようになりました。
そうした風潮は当然医療業界にも波及し、急速に医療のモバイル化が進んでいます。
この記事では、医療現場におけるモビリティについて考察してみましょう。

タブレットなどの導入で医療のモバイル化は進んでいる

冒頭で述べました通り、ここ数年でタブレット端末を導入する医療機関が爆発的に増加しています。
これらのモバイル端末の普及は、既に利用されている、電子カルテ等の更なる活用を目的に導入されているのです。
これらのタブレット端末には、医療機関向けにビルドされたアプリケーションがインストールされています。

また、過去普及してきた電子カルテ端末より、1台あたりの導入コストが低く、コスト削減にも大きく寄与しています。
そうした背景の下、医療のモバイル化が急速に進んでいるのです。

モビリティにより医師のワークフロー改善に繋がる

この医療システムとタブレット端末を導入することは、医療機関のコスト削減以外に、医師のワークフロー改善にも大きく役立っています。
例えば医師が外出する等、院外で活動している最中でも、タブレット端末から院内のシステムに簡単にアクセスすることができるのです。
また電子カルテ端末が設置されていない病室でも、診療記録や検査データを確認することが可能になり、スピーディーに情報を確認することができるのです。

さらに、退院サマリのような医師の承認が必要な処理に関してもタブレット端末から実施することができるので、煩雑な事務業務に忙殺されがちな、医師の業務をスリム化してくれます。
システムによっては、あらかじめ登録されているスケジュール情報に沿って通知を表示できる等、忙しい医師のスケジュール管理にも利用でき、業務を強力にサポートしてくれるのです。

患者の情報セキュリティ向上にも繋がる

また医療のモバイル化を推進することは、機密情報の漏洩を抑制することにも繋がります。
情報漏洩対策において、最も懸念すべきはヒューマンエラーに起因する漏洩です。
一般的には、悪意のある第三者によるサイバー攻撃こそが、情報漏洩の最大の要因だと考えられているように思われます。

しかし実際には、そうしたサイバー攻撃による漏洩事件はほとんど発生していません。
データを保存したUSBメモリなどの記憶媒体を出先で紛失したり、鞄ごと盗難されたことにより漏洩や、機器の誤操作が原因で発生する情報漏洩が全体の8割以上を占めているのです。
しかしモバイル化が進めば、院内やクラウド上のサーバーにファイルを格納してデータを運用できるようになるため、適切な閲覧権限の付与やパスワードロック、遠隔からのデータ削除といった対策を講じることがが容易になり、結果として高いセキュリティ性を担保することができるようになります。