医療AIが作る未来に備えた医師のスキル向上・転職について考える

テクノロジーの進歩は留まるところを知らず、医療におけるAIの存在感は日に日に高まりを見せています。最早AIの医療業界への参入を避けることは不可能です。
これは医療業界における、医師の仕事内容の変化が訪れることを意味しています。

旧態依然としたスキルセットのみでは、医師として通用しなくなる未来はもう目前まで迫っているのです。
そうした医療AIが作る未来の医療の現場において、より一層求められる医師になるために必要なスキルについて考察してみましょう。

総合的な診療スキルを持った医師の需要が増加する

まず前提として、医療AIは決して万能ではないということを覚えておいてください。
AIはディープラーニングにより学習した、膨大な過去の事例と、取得した患者のバイタルデータを比較することで診断を下したり、適切と思われる治療計画を立案することに長けています。
つまりAIは、学習したデータベースと符合しない症状に対しては、的確な判断を下すことはできないということです。

また、データさえ集めてしまえば、それらの弱点も克服できると豪語する技術者もいますが、どれだけ似通っていたとしても、全く同じ体を持つ人間など存在するわけがありません。
AIが完璧な診断を下すために必要なデータを集めきることは事実上不可能です。
そうしたAIでは対応できない部分に対する総合的な診断は、スキルを持った医師が担当しなければいけません。

またAIから複数の治療計画が提案された場合、どの計画を採用するのかといった部分に関しても、医師としての経験からくる判断力が物を言うでしょう。
またその治療計画を採用した理由を患者に的確に説明し、同意を得るためのコミュニケーション能力も必要不可欠です。これらをAIが代替えすることはできません。

そうしたスキルを身につけた医師になるためには、豊富な症例と出会い、1つの専門領域に囚われることなく、人体に対する幅広い知識と経験を身につけておく必要があるでしょう。
未来の医療の現場における理想の医師の姿とは、医療に対する総合的な知見を持ちながら、高いヒューマンスキルをも兼ね備えた人物ということになるのです。

自分に足りない点を補うために転職や転科は有効

幅広い知識を身につけるためには、多くの症例を持つ他の病院への転職や、転科が非常に効果的と言えるでしょう。
同じ職場で仕事をしているだけでは、身につけられる知識やスキルに偏りが生じてしまいます。
AIに任せるのではなく、AIの特性を理解し、上手く運用できる医師だけが未来の医療の現場で生き残るのではないでしょうか。